理想の注文住宅を手に入れる!工務店選びの情報サイト

注文住宅を建てるときの賢い工務店の選び方

>

他にはない自分だけの「注文住宅」を建てるなら

新築住宅専門の工務店を選ぼう

当然のことながら、新築住宅を扱う工務店に依頼しましょう。
リフォームや内装工事、ハウスメーカーの下請け、建売なども行っているとしても、新築住宅を主な業務内容にしているところの方がよいのです。
なぜならば、新築住宅を一から建てるという事は、それ以外の業務よりもはるかに複雑で難しく、経験が問われるからです。
リフォームなどは作業日数が少なく単価も割高なため、利益追求を第一としている工務店では数多くこなそうとします。
新築とどちらも行っている場合、新築だけでは経営が成り立たないということの証であり、その工務店の質が問われます。
新築を多く扱っているという事は「新築の仕事だけで成り立っている」という事でもあり、同時に「新築の経験が豊富」な工務店、ということにつながるのです。

設計も施工も自社で行っている業者を

工務店の中には、施工を下請け業者に流すという業者もいます。
これは、自社で施工する能力がない事を意味しますし、下請けに出すことで余計な手数料が引かれることになります。
またもし何かトラブルが起きた際に、責任の所在がわからなくなる事にもつながり、その工務店自身の責任のありかたについての考え方が問われるのです。
「こちらの声に耳を傾ける業者」がよい業者だと前ページでお話ししましたが、その聞き取った声に対し、最後まで責任を持ってもらえる業者を選びましょう。
また、自分の理想の住居に近い得意分野を持っている、ということも選ぶ際の基準になるでしょう。
デザイン性の高さに定評のある業者、材料にこだわりをもっている業者などなど、「得意分野は何ですか」と率直に聞いてみるとよいかと思います。